ドラムを知らむ

2児と2匹の父。映画と音楽をこよなく愛する、平成生まれのおばあちゃん子ドラマー。

豊田 利晃監督逮捕、もう作品の規制はやめようぜって話。

 

豊田 利晃監督が逮捕されましたね〜。

 

『青い春』蘇りの血、音楽ユニットTWIN TAILなどで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTBlankey Jet Cityのファンにはお馴染みかと思います。


今回は、ちょっくら豊田監督について書いてみました。

 

 

それでは、レッゴー!

 

豊田 利晃監督とは?

 

 

大阪府大阪市出身。

 

将棋棋士を目指し、関西奨励会に在籍した経験をお待ちのようです。まったく知りませんでした。

 

 

アウトローな作品を得意とし、その才能は高く評価されていましたが、2005年8月に『覚せい剤所持』の疑いで逮捕、有罪判決を受けてしまいます。

 

その後、謹慎となり2009年に待望の復帰作蘇りの血が公開。

 

 

ROVO勝井祐二Blankey Jet City中村 達也・照井 利幸らと共に音楽ユニットTWIN TAILを結成したり、『クローズEXPLODE』の監督を担当したりして順調な雰囲気だったんです。

 

 

しかし、先日(2019年4月18日)『銃刀法違反』の容疑で現行犯逮捕されてしまいました。

 

 

アウトローなのは作品ではなく、本人だったという結末です。

 

 

すべては許されている

すべては許されている

 

 許されてほしいぜ、まったく。

 


青い春

 

 

わたくし的に、豊田 利晃といえば『青い春』なんですよね。

 

ミッシェルの曲がふんだんに使われ、見どころ・聴きどころ満載です。

 

青春って痛かったり、弱かったりするもんですが、それを的確に描いた作品だと思います。

 

 

特に印象的なシーンは、甲子園出場の夢を絶たれた木村がヤクザに入門するところ。

 

バックに使われている、ミッシェルの『赤毛のケリー』のカッコよさと木村の切なさがマッチして、なんともいえない雰囲気になっております。

 

新井 浩文も良い演技を見せるのに追放やろか・・・

 

 

青い春

青い春

 

 


蘇りの血

 

 

『青い春』ですっかり豊田監督のファンになってしまい、しかも大好きな中村 達也が主演ということで観るっきゃない!というテンションだった蘇りの血です。

 

レンタルでも見当たらず、DVDを購入しました。ええ購入しました。

 

ワクワクの気分で、再生ボタンを押したぼくでしたが・・・

 

 

 

まったく意味がわからない

 

 

 

どうみても意味がわかりません、本当にありがとうございました。

 

 

TWIN TAILの長い長いMVって感じなんですよね。(そういや、最近PVって言わないのなんでなん?)

 

 

ストーリーがあるのかないのか、たぶん音楽を楽しむ映画なんですね。きっとそう。

 

 

あ、これも新井 浩文出てるやん。

 

 

蘇りの血 [DVD]

蘇りの血 [DVD]

 

 


MV撮影も

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONART-SCHOOLなどのMVも監督しました。

 

不思議でイマイチ意味がわからない、でもカッコいいMVばかりです。

 

 

ロックバンドとの相性が抜群なように思います。

 

 

君という花

君という花

 

 


まとめ

 

2度目の逮捕、ということもあり復帰は絶望的ともいえますが、そこは寛大な目で見ていただきたいと思います。

 

 

 

また、怖いのが作品をお蔵入りにしてしまうこと。

 

いくら監督が法に触れていても、作品の持つ輝きにはまったく関係ないと思うんですよね。

 

なんでもなんでも規制してしまう、今の風潮はどうかなーと思うわけですよ。

 

気分を害するなら観なければいい話だしね。