ドラムを知らむ

2児と2匹の父。映画と音楽をこよなく愛する、平成生まれのおばあちゃん子ドラマー。

スポンサーリンク

『森、道、市場2019』に行ったの巻〜子連れ夏フェス〜


2019年6月2日、愛知県は蒲郡市で開催された『森、道、市場』に行ってまいりました。

 

森道は昨年に続き、2回目。

 

非常に簡単で、簡素な現地レポートにございます。

 

 

 

それでは、レッゴー!

 

 

森、道、市場とは?

 


f:id:daaaaason:20190611112516p:plain

 

東海地方を中心に開催される、いわゆる夏フェスです。

 

 

ここ数回は、愛知県蒲郡市ラグナシアという遊園地での開催が定着していますね。

 

 

 

夏フェス、といってもイメージするような感じではなく、モノや食べ物が買えたり、移動図書館もあったりなど、名前の通り『市場』のような雰囲気です。

 

 

自然派な感じのイベントなので、濃くて油っこいフェスっぽい食べ物はあまりおいてません。からあげとか。

 

 

 

だいたい薄味なので、食べ物はちょっと注意がいるかも。

 

 

 

チケット代は?

 

f:id:daaaaason:20190611112508p:plain

今年(2019)のチケット代です。

5月31日~6月2日の3日間開催されました。

 

早割 1日券3000円 2日通し券6000円 3日通し券9000円

通常 1日券3200円 2日通し券6200円 3日通し券9300円

当日 6500円  小学生1500円 幼児(3歳以上)1000円

 

上記は、事務局で購入した場合です。プレイガイドでの購入は1枚につき200~300円高くなる感じだと思ってください。

 

小学生以下に関しては無料(当日券を除く)

 

 

ここまで安いフェスは、『森、道、市場』ぐらいなのではないでしょうか?

 

 

と思ったら、そこにはやはり関係者の涙ぐましい努力があるようです。

 

人気フェス「森、道、市場」の裏側には主催者の「熱狂」があった - イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」

 

 

 

森、道、市場は子持ちにもおすすめ。

 

 

森、道、市場の最大の特徴は『ラグナシア』という遊園地を貸し切っていることです。

 

 

中の乗り物に加えて、今年はプールも利用可能になりました。しかも無料です。

 

 

子連れとなると、中々音楽だけではキツイですが、遊ぶところもあるので安心です。

 

 

 

昨年はそんな遊園地に集中しすぎて、フェスなんだか遊園地なんだかよくわからん状態だったので、今年は作戦を変更。

 

 

父は音楽大好きなドーター(2歳)とライブ観戦へ、母は遊びが大好きなサン(5歳)と遊園地にどんぶらこ、どんぶらこと向かうことにしました。

 

 

 

さて『森、道、市場』当日

 

我が家は兵庫県の西の方。

 

目的地であるラグナシアまで、車でだいたい4時間ぐらいでしょうか。

 

 

愛車であるフォレスターは、走行中にテレビやDVDを観れる設定にはしておりません。

 

 

なぜなら、こういう長旅でアンパンマン仮面ライダーを数時間かけ続ける羽目になるからです。 (しかも同じの)

楽なんでしょうけどね・・・

 

 

お菓子をぼりぼりと食べながらの旅路です。

 

 

 

その後、音羽蒲郡ICを降りてからまさかの大渋滞。

 

 

 

去年はこんなことなかったような、忘れてしまっているだけのような・・・

 

 

やっとの思いで着いたと思いきや、駐車場から会場までひたすらに歩く。

 

30分近く歩いたので、ちょっと駐車場Bは避けたほうがいいかもしれません。

 

 

 

会場到着後は作戦通り二手に分かれ、まずはMy hair is badを鑑賞。

 

 

名前はよく見るものの、曲はまったく知らない状態で観ましたが、中々良かったです。

 

ライブの本数、年間300本は伊達じゃないですね。キリッ

f:id:daaaaason:20190611101539j:plain

凝視するドーターの図。スタンプの下も同じ顔

 

 

ここで腹が減ったので、昼食タイムへ。

 

 

ジャマイカ料理をチョイスしたのですが、まーお昼時だし長蛇の列ですわな。

 

 

 

周りのお店と比べて、進むスピードが遅かったような・・・

 

 

やっぱり、外国の方って急ぐ概念があんま無い気がします笑

 

 

 

 

私はジャマイカ弁当なるものを、ドーターはポテトとジークチキンなるものを注文。

 

弁当の中身は、カレー、豆ご飯、ジークチキン、ピクルスでした。

 

 

 

カレーはやっぱり薄めでしたが、チキンが激ウマ。ドーターもバクバク食べておりました。

f:id:daaaaason:20190611101550j:plain

ぱくつくドーターの図。スタンプの下も同じ顔

 

 

 

奥さんとサンに合流し、続いてはYogee New Waves

 

Never Young Beachが好きな身としてはわりとツボで、最近ちょこちょこ聴いていました。

 

 

 

期待して観ましたが・・・

 

 

 

気候にぴったりで最高でしたね。

 

 

 

Voの方のオーラがすごいでやんの。

 

 

 

 

ここでご飯のゴミを捨てたい&トイレに行きたくなったわけです。

 

 

しかし、トイレはUSJばりのエゲツナイ長蛇の列、さらにゴミ箱がまったく見当たらない事態に。

 

 

ゴミはビニール袋を持参すれば良いですが、トイレの数がまったく足りて無いのはちょっとなぁ・・・

 

 

 

でも、チケット代が3000円と爆安なので許す。

 

 

 

トイレに行きたいまま、ゴミを片手にビーチステージへ。

 

 

 

お目当てのeastern youthです。

 

 

いきなりの『夏の日の午後』でテンション爆上がり。轟音が気持ち良い。

 

 

しかし、なにやら雲行きが怪しくなり始め、とうとう雨が・・・

 

 

 

この後、東京旅行が控えており、雨の時は潔く諦めて退散する、と決めていた一行。

 

 

3曲だけ鑑賞し、後ろ髪引かれる思いで会場を後にしたのでした。

 

 

 

 

まとめ

 

観れたのはわずか3バンドでしたが、非常に良い時間を過ごすことができました。

 

 

メインステージにあたるGrass Stageは、完全にキャパオーバーかなという気がします。(というか動線が良くない)

 

反対にBeach Stageは、そこまで行く人が少なく穴場かもしれません。

 

来年は、海岸沿い狙いでいこうかしらん。