ドラムを知らむ

2児と2匹の父。映画と音楽をこよなく愛する、平成生まれのおばあちゃん子ドラマー。

スポンサーリンク

The Yellow Monkey(イエモン)の聴くべき曲を『自称、永遠の中級者ドラマー』が4曲紹介してみた。

先日、Music fairに『イエモン』ことThe Yellow Monkeyが出演しましたね。 再結成後しばらくは、単発のライブやフェスへの出演程度でしたが、今年はアルバム作成にツアーも行う、と本格的に活動していくようです。 新しく『イエモン』に触れる、触れたい方の…

ドラム初心者が叩くべき曲9選(洋楽編)

ドラムで何を練習すればよいか、困ったことはないでしょうか? ドラム上達の秘訣は、たくさんコピーすることです。 特に外国人ドラマーは、日本人にはないパワーとグルーヴを持っているので、勉強になること間違いありません。 ここでは、自称『永遠の中級者…

ドラム初心者が叩くべき曲9選(邦楽編)

ドラムを叩けるようになるには、どうすれば良いかって? コピーしましょう!! 楽譜を買っても良いし、近ごろでは『叩いてみた』系の動画で確認することもできます。 とはいえ、どの曲をコピーすれば良いかはわからないものですよね。 このページでは、『自…

Red hot chili peppers=ファンク×パンク×筋肉

デビューからもう35年以上、とすっかり大御所感のあるRed hot chili peppers。 少し腹が出てきても、鉄壁のサウンドは健在です。 2019のサマソニ出演も決まったことだし、改めて彼らの魅力に迫ることにしました。 それでは、レッゴー! Red hot chili pepper…

Hump Backは、もはやパンクス。

3人組ガールズバンド、というと何を思い浮かべるでしょうか? 2000年代に青春を過ごした筆者にとって、3人組ガールズバンドといえば『チャットモンチー』が思い浮かびます。 その後、劣化版チャットモンチーともいうべきバンドたちが、アマ・プロ問わず生み…

小さき手に栄光あれ

私は手が小さい。 どれくらい小さいかというと、10cm背の低い奥さんにも負けるほどです。 こう書くと、まるで奥さんがビックバンドのような感じもしますが、自分より手の小さい人をあまり見かけることがありません。 これを機に手の大きさについて調べること…

8ビートを知りたければThe Birthdayのドラム、クハラカズユキ氏を聴くべし

8ビート職人『クハラカズユキ』 元THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 現The Birthdayのドラム、クハラ カズユキといえば、何を思い浮かべるでしょうか? 個人差はあると思いますが、私にとってクハラ氏といえばやはり8ビート。 鬼神の如き8ビートぷりで、勝手に『8…